高血圧を改善しましょう

高血圧とは

一般に血圧という時、私たちは上の血圧と下の血圧をペアで考えます。この上の血圧というのは心臓が収縮して血液を全身に送り出す時、血管にかかる圧力のことで正しくは収縮期血圧といい、下の血圧というのは、全身に巡った血液を心臓に戻すために心臓が膨らんだ時血管にかかる圧力のことで拡張期血圧といいます。

年齢・性別に関係なく正常血圧は収縮期血圧は130mmHg未満、拡張期血圧は85mmHg未満とされています。(2014年 日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン」より)一般に血圧はこの2つの血圧を同時に130/85mmHg未満というように現しています。

血圧は常に一定ではなく、常に変動しており、体の状態で高い値を示すことがありますが、高血圧というのは安静時の血圧が慢性的に高い状態にあることで、このガイドラインでは高血圧症と診断するのは収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上とし、その段階を3段階に分けています。

関連記事
 高血圧の基礎知識 
  ・血圧とは 
  ・高血圧とは 
  ・高血圧の原因 

高血圧の危険性

血圧の高い状態が慢性的に続くと、血管に常に負担をかけ、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなり硬くなって動脈硬化が起こりやすくなります。

高血圧によって発症リスクが高いとされるものに脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などがあり、重篤な状態になることがあります。

また、心筋梗塞、狭心症などの心疾患、慢性腎臓病などを起こしやすくなると言われています。

こうした様々な病気のリスクを高くする高血圧は自覚症状があらわれにくく気づきにくいものですから、健康診断などで血圧が少し高めとなっていたら、普段の生活に注意し、頭痛、肩こり、耳鳴り、しびれ、めまい、むくみ、動機、胸の痛み、呼吸の乱れなどが現れる場合は早めの対策、病院の受診をしましょう。

関連記事
 ・高血圧の合併症   
 ・高血圧の合併症種類 

高血圧の予防・ケア

痛みなどの症状がなくても、健康診断や家庭での血圧測定によって、血圧が高めかなと思ったら自分でも対策を心がけ、気になることがあれば早めに受信してお医者さんの指導を受けましょう。

投薬を受けなくても初期段階(正常高値血圧:収縮期血圧130~139、拡張期血圧85~89)であれば、自分でできる血圧を下げキープする方法などを取り入れてください。

高血圧症の治療法として非薬物療法と薬物療法の2種類ありますが、この非薬物療法が高血圧の予防、初期ケアにも有効とされています。

非薬物療法は、生活療法、食事療法、運動療法の3つをバランスよく行います。療法と名がつくと病人のためのものと思われるかもしれませんが、療法を取って「正しい生活習慣」「バランスの良い食事」「適度な運動」とすれば理解しやすいですね。

正しい生活習慣、バランスの良い食事と、現在の生活習慣、食事を比べれば長い間不摂生な習慣を積み重ねてきたわけですから制約、制限がでてくるのは当たり前ですね。でも、これがストレスになっては逆効果。ですから、自分に必要な生活習慣、食事は何なのか、それは何故必要なのかと言う正しい知識を得て、気長に続けていきましょう。

また、適度な運動というのは、運動負荷のあまりない有酸素運動。これも毎日やるぞとがんばらないでも、1日おき、2日おきでも継続すること。自分の生活スタイルに合ったペースで行いうことが大事です。

参考記事
  ・生活習慣チェック 
  ・生活習慣チェック診断 
  ・高血圧のセルフケア 
  ・一日の食事基準  

  ・高血圧対策 減量 運動 

コメントは受け付けていません。