エーザイ【ヘルケア】の血圧ケア実感モニターはコチラ

メタボリックシンドロームの判定項目・基準値

メタボリックシンドロームの判定項目・基準値

危険因子 基準値
必須項目 腹腔内脂肪蓄積
ウエスト周囲径
(内臓脂肪面積 男女とも≧100c㎡に相当)
男性 ≧85cm
女性 ≧90cm
上記に加え、以下の2項目以上
選択項目 血清トリグリセリド血症(中性脂肪)
または
低HDLコレステロール血症
≧150mg/dl

<40mg/dl

収縮期血圧
または
収縮期血圧
≧130mgHg

≧85mmHg

空腹時血糖値 ≧110mg/dl

*CTスキャンなどで内臓脂肪量測定を行うことが望ましい。
*ウエスト周囲径は立位、軽呼気時、臍レベルで測定する。脂肪蓄積が著明で臍が下方に偏位している場合は、肋骨下縁と前上腸骨棘の中点の高さで測定する。
*メタボリックシンドロームと診断された場合、糖負荷試験が薦められるが診断には必須ではない。
*高TG血症、低HDL-C血症、高血圧、糖尿病に対する薬剤治療を受けている場合は、それぞれの項目に含める。
*空腹時血糖を測定できない場合はHbA1c5.5%以上
「メタボリックシンドローム診断基準検討委員会」2005年4月(日本動脈硬化学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、日本内科学会)

コメントは受け付けていません。